« 秀さんの日常 2007 Vol.3。 | トップページ | 非常に残念なお知らせ。 »

2007年8月28日 (火)

私のお墓の前で泣く必要はありません。なぜなら、私はお墓を建ててもらう価値すらない者ですから。

気が付けば、このブログも通算700記事を超えて、702記事目となりました。

私自身の事情により、ブログに一切手をつけない時期が長く続くことがありました。

5月5日から5月30日までブログの更新が途絶え、6月に関しては4記事しか書かないという、ブログを始めて以来、最低の数字をたたき出しました。

しかし、7月に入って松井秀喜のバットが突如としてホームランを量産し始めると、それに合わせて私の意欲も「覚醒」しました。

7月は怒涛の38記事。秀喜の7月の本塁打数が13本ですから、私のペースはその3倍だったことになります。

39_m5445759  

 

 

今月はペースを落としながらも、昨日までに15記事を更新しています。

 

 

ブログの記事を書くペースに波があるのは、どういう理由なんでしょうかね?

ものすごく忙しいときは、ブログなんかに時間を取られているヒマはありませんが、あいにく、私はそういうスケジュールをこなしたことがありません。まあ、他にすることがあっても、現実逃避がてらにブログを書きたくなることも、時にはあります。

逆に、とても暇なのに、ブログを全く書く気がしないこともあります。

ブログの更新ペースの変化の要因は、メンタルの部分が大きいのでしょうか。

ストレスがたまっていたり、気分が落ち込んでいるときは、文章を書く気が起こらないことが多いです。

また、そういう下がり目の状態のときは、ブログの記事のネタや発想が生まれないものです。面白いことを見つけるアンテナや、話の種を膨らませるアイデアがうまく働きません。

幸いにして、今はそういう状況ではないので、ブログを書けています。

これからも、ブログが続くように、細々と社会の端っこで生きていければいいな、と思います。

2007082800000000maippolview000 そう、美しい国の片隅から……。

|

« 秀さんの日常 2007 Vol.3。 | トップページ | 非常に残念なお知らせ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秀さんの日常 2007 Vol.3。 | トップページ | 非常に残念なお知らせ。 »