« 「月刊 勇み足」創刊号。 | トップページ | このブログをDon’t you see! »

2007年11月29日 (木)

私はミスターの代表監督就任待望論者です。

初戦があさってに迫ったというのに、世間ではまったく盛り上がりを見せない男子硬式野球北京五輪アジア予選。

私も、「監督が仙ちゃんだからなぁ……素直に応援できないYO!」と思いつつ、なんとなく本番は見てしまいそうな気がしますが、でも、フィギュアスケートのNHK杯の方が面白そうだからフィギュアを優先しようと思っているところです。

 

さて、今日はそんな不人気日本代表のエースで、女優・サエコさんの旦那としても知られる日本ハムと日本代表、まさに「日本」を代表するエース、ダルビッシュ有にお話をうかがいました。

Img9b9b3005zik2zj ――どの試合で投げるんですか?

ダル「知らん」

――勝つ自信はありますか?

ダル「当たり前田のクラッカー」

――対戦相手のことは研究していますか?

ダル「別に」

――台湾ではどのように過ごされていますか?

ダル「ちょっと練習して、飯食って、あとパチンコ」

――サエコさんには連絡をとっていますか

ダル「そんなプライベートなこと聞くな」

――調子は上がっていますか?

ダル「そこそこだね。パチンコの調子はいいよ。こっちの台はだいたい攻略できそうだよ」

――最後に、意気込みを。

ダル「特にないです」

|

« 「月刊 勇み足」創刊号。 | トップページ | このブログをDon’t you see! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「月刊 勇み足」創刊号。 | トップページ | このブログをDon’t you see! »