« 福岡の英雄は今年中に横綱になるでしょうね。 | トップページ | 国技存続の危機。 »

2008年1月18日 (金)

今年のセ・リーグはヤクルトか広島が優勝すると思いますよ。

かつて野球界のスーパースターとして名を馳せた新庄剛志は、アメリカ・メジャーリーグでのプレーを終え、2003年オフに日本ハムへ入団した翌春のキャンプで、

 

「もう英語は聴きたくないって思って日本ハムに入ったら、監督が外国人(ヒルマン)だった」

 

というジョークを飛ばしました。

 

 

あれから時は流れ、2007年11月。

Ser301 西武ライオンズの主砲・和田一浩が他球団への移籍を前提に、フリーエージェント宣言をしました。

 

 

 

和田の移籍の動機は、西武の監督人事にありました。

 

Obb0710120301ns このオフ、西武はかつてのエースである渡辺久信を新監督に据えたのです。

 

 

 

この知らせを聞いた和田は、

「おいおい冗談じゃねえよ。なんで西武はあんなハゲた奴を監督にするんだい?こんなことされたら、ナベQ(渡辺久信の現役時代の愛称)とオレでハゲコンビを結成する流れになってしまうだろう。そんな屈辱には耐えられない」

と考え、FA宣言に至ったのです。

 

そして、移籍先を探していた「増毛強化指定選手」ベンちゃんに、願ってもない球団が獲得のオファーを出しました。

 

中日ドラゴンズです。

 

岐阜県出身の和田にとって、中日は子どもの頃から憧れ続けた球団でした。

和田は大喜びで中日と契約しました。

 

 

しかし、和田は大事なことを忘れていました。

 

2007110601000600  

そう、中日の落合監督もハゲているということに。

 

 

 

 

「ハゲた監督と一緒にプレーしたくないから西武を出たのに、新しいチームの監督もハゲてやがった」

とベンちゃんは愚痴をこぼし、今日も嫁さんに内緒で夜の街に繰り出すのでした。

 

 

ベンちゃんの話は99%フィクションです。

|

« 福岡の英雄は今年中に横綱になるでしょうね。 | トップページ | 国技存続の危機。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 福岡の英雄は今年中に横綱になるでしょうね。 | トップページ | 国技存続の危機。 »