« ここ1ヶ月あまり……。 | トップページ | 捨てる神あれば拾う神あり。 »

2008年9月16日 (火)

そんなことより大相撲秋場所の方が重要ですが。

いよいよ、ヨーロッパ・クラブサッカーシーンにおける最高峰の舞台、2008-09シーズンのUEFAチャンピオンズリーグが開幕を迎えます。

 

私は元々、ビッグクラブ達の金と利権に対する欲望に支配されたこの大会があまり好きではありませんでしたが、今シーズンに限って言えば、6年前に一度破産→クラブ消滅の憂き目に遭いながらも、華麗に復活したフィレンツェのクラブが出場するので、大いに注目しているのです。

 

それでは、カルチョの生き字引との異名をとる私による、グループリーグの展望をご覧ください。

 

グループA

チェルシー、ASローマ、ボルドー、CFRクルイ

 

トッティ擁するローマの突破は確実でしょう。第3子誕生をGL突破で祝うでしょう。

チェルシーもアネルカの暴走に手を焼くでしょうが、「八の字眉毛の憎い奴」ことデコの加入がプラス材料です。ボルドーは、退団したミクーの穴の大きさに気付くでしょう。

 

グループB

インテル・ミラノ、ヴェルダー・ブレーメン、パナシナイコス、アノルソシス

 

世界的名曲「大きな古時計」を見事に歌い上げたインテルのフィーゴが、ジュゼッペ・メアッツァでの試合では、チャンピオンズリーグ・アンセムを熱唱し、スタジアムの雰囲気を盛り上げて、ネラッズーロをベスト16に導くでしょう。「世界最高のエンターテイナー」モウリーニョ監督の存在も大きいです。

もう一つの勝者は、パナシナイコスになるでしょう。守備のメンタリティーが高いギリシャのクラブは着実に勝ち点を積み重ねるでしょうし、ジウベルト・シウヴァの加入でディフェンスラインの前に堅牢な砦が築かれます。

 

グループC

バルセロナ、スポルティング・リスボン、バーゼル、シャフタール・ドネツク

 

まあ、バルサとスポルティングが突破するんじゃないですか。

 

グループD

リヴァプール、PSVアイントホーフェン、マルセイユ、アトレティコ・マドリー

 

いやー、死のグループですね。

ですが、まず、レッズの突破は堅いでしょう。ロビー・キーンとフェルナンド・トーレスのツートップは魅力的ですし、「空飛ぶオランダ人」カイトの献身、シャビ・アロンソのパス、ヒーピアの空中戦、そしてジェラードの弾丸シュートと、実に多くの武器を持っています。

もう一つの椅子ですが、マルセイユは厳しいでしょう。エースのジブリル・シセが、ロビー・キーンの兄であるロイ・キーンが率いるサンダーランドに移籍し、得点力は激減するでしょう。

となると、アトレティコが第4シードながら突破となるでしょう。かつての至宝、F・トーレスがビセンテ・カルデロンに帰ってきた時、アトレティコのファンがどんな反応を見せるのか、興味深いところです。懸念材料があるとすれば、左サイドバックのペルニーアの頭髪がもはや全滅しつつあるところです。

 

グループE

マンチェスター・ユナイテッド、ビジャレアル、セルティック、オールボー

 

ユナイテッドの突破は確実でしょう。ギグスが衰えしらずのドリブルの切れを見せ、スコールズは再びミラクルを起こすでしょう。ガリー・ネヴィルの復帰もあり、チームの平均年齢が上がることに期待です。

2位通過はビジャレアルでしょう。大黒柱のトマソンがフェイエノールトに復帰したため、ニハトの復帰が待ち遠しいところです。センターバックのシガンがスタメン出場を志願しても、彼にはスピードが無いので使いにくいところです。

 

グループF

リヨン、バイエルン・ミュンヘン、フィオレンティーナ、ステアウア・ブカレスト

 

突破する2チームは既に決まっています。

唯一の見どころは、ルカ・トーニがアルテミオ・フランキに凱旋することです。

 

グループG

アーセナル、ポルト、フェネルバフチェ、ディナモ・キエフ

 

フェネルバフチェのアラゴネス新監督は、アーセナル戦に臨むにあたって、スペイン代表の愛弟子、グイサにこう耳打ちするでしょう。

「おい、ダニエル。お前はアーセナルの25番をつけた黒人よりも上手いということを見せ付けてやれ」と。

 

グループH

レアル・マドリー、ユヴェントス、ゼニト・サンクトペテルブルク、BATEボリソフ

 

要はスペインの至宝、ラウール・ゴンとイタリアの至宝、アレックス・デル・ピエロの対決という構図ですね。マドリーのファビカンが背を向けたトリノでどんなプレーを見せてくれるのかが楽しみです。

 

 

そして、決勝戦はフィオレンティーナ対ユヴェントスになるでしょう。

 

ヴィオラ達はスタディオ・オリンピコのチケットを握り締めてローマに飛び立ちましょう。

ムトゥが好きな方は、コカインを服用してから試合観戦に臨んではいけませんよ。

古都フィレンツェに満開の百合が咲き乱れます。

|

« ここ1ヶ月あまり……。 | トップページ | 捨てる神あれば拾う神あり。 »

コメント

僕はレアル・マドリーを応援する。
23日の相撲が楽しみ!

投稿: くらも | 2008年9月16日 (火) 23時40分

くらもさん。
マドリーは今季、いよいよビッグイヤーに向けて本腰を入れてくるでしょうね。
クリスティアーノ・ロナウドの獲得はなりませんでしたが、昨シーズンから大きな戦力の変更がないため、連携面に不安がありません。ラウール・ゴンとファン・ニステルローイのツートップは世界最強です。
国技は楽しみですが、一つ、大きな不安が……横綱が大変なことに……。

投稿: ライト兄弟 | 2008年9月21日 (日) 20時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ここ1ヶ月あまり……。 | トップページ | 捨てる神あれば拾う神あり。 »