« まだ2008年のカレンダーが壁に掛かったままですが。 | トップページ | がんばれ朝青龍と世間が思い始めたとたん、彼は憎ったらしいほど強くなります。 »

2009年1月 4日 (日)

箱根駅伝はダイヂェスト程度にしか見ていませんが。

昨日、東洋大学の2年連続総合優勝で幕を閉じた箱根駅伝。

その箱根駅伝では、毎年、予選で敗退した大学の中から、

優れた選手を選出した「関東学連選抜」というチームが出場しています。

今年の箱根駅伝では9位に入り、これで2年連続で、来年の大会の予選出場が免除される「シード権」獲得にあたる10位以内というパフォーマンスを見せ付けた事になるそうです。

関東学連選抜は「寄せ集め」チームの感が否めませんが、選手の潜在能力は高いようですね。

 

ところで、潜在能力といえば、

毎年、箱根駅伝で衝撃と驚嘆の声を上げさせるランナーが、各校から出場します。

 

Yamagaku_mogusu  

そう、外国人留学生です。

駅伝のためだけに、祖国から遠く離れた極東の島国の大学に入り、奨学金をもらいながら、いずれは国際的なマラソン・ランナーを夢見て走り続ける外国人留学生の存在は、涙を誘う……はずはなく、単に、箱根駅伝のパワーバランスを崩す「脅威」として君臨し続けています。

写真は山梨学院大学のモグス(4年、2区)ですが、彼をはじめとする外国人留学生は、まず間違いなく、区間賞かそれに準ずる走りを見せます。

ぶっちゃけて言えば、私は外国人に対して排他的な性格なので、大相撲で外国人力士が勝ったり、サッカーのJリーグで外国人選手が得点王になったり、プロゴルフのツアー大会で外国人選手が優勝したりする様を、苦々しく思っています。

そして、もちろん、箱根駅伝で閃光の如し走りを見せる外国人留学生のことは、いつも、「失速しろ」と思いながら見ています。

閉鎖的でも、別にいいぢゃないですか。何で、日本でやっているスポーツの大会で、日本人より外国人のほうが良い成績を出すことを喜ばないといけないんですか?日本人なら日本人に勝ってほしいと考えるのが自然でしょう。

というわけで、できることなら、箱根駅伝には日本人のランナーしか出てほしくないのです。

しかし、日本の学校をステップに、長距離ランナーとして成功したいという夢を持つ外国人留学生の存在をないがしろにするのも、昨今の国際化社会の風潮に反していて、古臭い考えと言われてしまうでしょう。

そこで私は、冒頭に挙げた、「関東学連選抜」からヒントを得て、次のような提言をしたいと思います。

 

 

各校の外国人留学生は、それぞれ所属する大学を離脱し、「留学生選抜」なるチームを結成すべし。また、このチームにオープン参加の資格を与えるべし。

 

 

つまり、来年からの箱根駅伝には、1区から10区まで全て外国人留学生で占められたチームが参戦し、恐らくぶっちぎりで1位フィニッシュするでしょうが、彼らのチームはあくまでオープン参加、つまり非公式の集団なので、タイムは全て参考記録扱いとなり、2位の大学が総合優勝を勝ち取るというわけです。

 

この方式が採用されれば、外国人ランナーのずば抜けたパフォーマンスが見られる上に、優勝するのは常に「純国産」、つまり余計な血が混ざっていないチームとなるので、みんな満足できるのです。あわよくば、どこかの大学が奮起して黒人ランナーたちを打ち負かしてくれれば、駅伝ファンが溜飲を下げられるというものです。

 

いやー、こんな事を考える私って、つくづく、悪い奴だな、と思いますね。

|

« まだ2008年のカレンダーが壁に掛かったままですが。 | トップページ | がんばれ朝青龍と世間が思い始めたとたん、彼は憎ったらしいほど強くなります。 »

コメント

ライト兄弟は天才だな!
是非今年も一緒にスポーツしよう!

投稿: くらも | 2009年1月 5日 (月) 00時38分

私はただの愚か者ですよ。私も一緒に駅伝か相撲をしたいですね。

投稿: ライト兄弟 | 2009年1月13日 (火) 23時51分

あなたは最低な人間ですね

投稿: SCRATCH | 2009年2月 6日 (金) 08時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まだ2008年のカレンダーが壁に掛かったままですが。 | トップページ | がんばれ朝青龍と世間が思い始めたとたん、彼は憎ったらしいほど強くなります。 »