« 賢者のつぶやき。 | トップページ | 私の脳は、綿菓子のように薄っぺらです。 »

2009年2月11日 (水)

ユヴェントス所属のFWアマウリは、ブラジル人としての誇りを思い出し、カナリア色のユニホームに袖を通す決意をしてください。

まもなく、サッカーワールドカップ南アフリカ大会のアジア最終予選、

日本対オーストラリア戦がプレイボールとなります。

 

この試合の後、

男子サッカー日本代表の岡田武史暫定監督は、

 

「星野仙一」になります。

 

 

また、近日中には、

前チェルシー監督のルイス・フェリペ・スコラーリ氏の、

男子サッカー日本代表監督就任が発表されるでしょう。

2009021000000010spnavisoccview000

|

« 賢者のつぶやき。 | トップページ | 私の脳は、綿菓子のように薄っぺらです。 »

コメント

そう言えば、サンプドリアのカッサーノは昔バティストゥータが栽培してたプチトマトを勝手に食べたそうですね。

なんだか人ごとじゃないような気がします。

投稿: もっじ | 2009年2月11日 (水) 19時17分

今見てます!
田中と内田のホットラインいいですね!
ウイイレのスルーパスみたいな飛び出しです!

投稿: くらも | 2009年2月11日 (水) 19時49分

もっぢさん。
カッサーノはバティのことを「じじい」呼ばわりしていたそうですね。老後の楽しみである家庭菜園の収穫を奪った罪は重いです。

くらもさん。
結局、日本らしい試合になりましたね。日本の選手のプレーは、全体的に「軽い」印象があります。「この選手なら何とかしてくれる」という期待が持てる選手は遠藤、中村俊、闘莉王、中澤、川口くらいでしょうか。

投稿: ライト兄弟 | 2009年2月25日 (水) 03時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 賢者のつぶやき。 | トップページ | 私の脳は、綿菓子のように薄っぺらです。 »