« これがアリストテレスの域。 | トップページ | もちろん、あの人に話しかける勇気なんて最初からなかったんですけどね。 »

2009年3月 6日 (金)

若大将・原監督は50歳になったんだから、そろそろ貫禄を身につけてもいい頃だと思いますが、そうならないところが若大将らしくて好きですよ。

空前の注目を集めながら、ついに開幕しました。

 

野球の世界最高峰の選手権大会と位置づけられる、

第二回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)。

 

 

王貞治監督(当時ダイエー監督と兼任)が率いた前回大会の東京ラウンドの中国戦は、イチローが「ひどくがっかりした」と後述したほど、東京ドームは閑散としており、注目度はお世辞にも高いとは言えませんでした。

 

しかし、舞台をアメリカに移しての二次ラウンドで、アメリカには惜敗、準決勝進出を賭けた韓国戦では痛恨の逆転負けを喫し、イチローが後世に語り継がれる名言を残しました。

 

「F××K!!」

 

その後、詳細は省きますが、王ジャパンは奇跡的に準決勝進出を果たし、韓国に雪辱を果たし、決勝でキューバを破って優勝すると、日本代表のメンバーは帰国すると英雄扱いを受けました。

 

かくいう私も、熱心な野球ファンのくせに、WBCにはあまり注目していませんでした。

 

大会自体が盛り上がるかどうかわからないという、見切り発車のような感覚があり、優勝候補のアメリカから辞退者が相次ぎ、大会の存在意義には大いに疑問を抱いていました。

 

極めつけは、日本が誇る絶対的主砲・松井秀喜(ヤンキース)の辞退……秀さんが出ないのに何が日本代表だよ、WBCなんてやる価値があるのかよ、という具合に、日本代表チームと大会そのものを軽視していたわけです。

2009030600000003jijpspoview000 

今回のWBCに秀さんがいたら、「侍JAPAN」への思い入れは、約55倍になっていたのに……。

 

 

東京ラウンドが行われていた頃は、私自身が網膜剥離の手術で入院中だったこともあり、観戦環境とモチベーションが整っておらず、ちゃんと試合を観ていませんでした。中国戦や台湾戦は大差がついて、なんだ骨がない、つまんないな、と思っていました。韓国に負けた試合は、「まあ、野球はこんなこともあるだろう」くらいに軽く考えていました。

 

鹿島アントラーズに復帰した柳沢敦がいきなりハットトリックを決めた開幕戦はしっかりと病院のテレビで観て、入院患者のくせに狂喜していたんですけどね。

 

続く二次ラウンドも「ああ、やってるな」くらいの感じで捉えていました。

 

しかし、大半の日本人と同様に、準決勝の韓国戦を直前に控えた頃には、居ても立ってもいられなくなり、優勝の知らせには万歳三唱で喜んだことを覚えています。

 

 

 

話を昨日の試合に移しましょう。

 

原辰徳監督代行が率いる「長嶋JAPAN」(俗称:侍ジャパン)は、中国を4-0で下しました。

 

 

この試合のハイライトは何といっても、ダルビッシュの好投……ではなく、村田のツーラン・ホームラン……でもなく、

 

2009030500000042jijpspoview000 前回大会で日本代表を率いて優勝に導き、

名実共に「世界の王」となった、

王貞治氏の始球式です。

 

 

私はこの様子をテレビで観ていましたが、もう、鳥肌が立ちました。

 

目頭が熱くなりました。

 

過去に、これほど人々の心を奮い立たせ、球場内の観衆と日本チームのベンチに一体感を与えた始球式があったでしょうか。

 

 

万が一、日本が早い段階で敗退しても、このワンちゃんの始球式が日本国民にとってのWBCのハイライトとなれば、いくらか慰められることと思います。

 

2009030500000044jijpspoview000 ワンちゃんは始球式の後、皇太子ご夫妻とご一緒に試合を観戦されました。

 

ONの神聖さ、神々しさは、もはや皇室の方々と肩を並べる域ですね。

 

 

まあ、試合は退屈でしたよ。

でも、勝つことが全てです。

なまじ大勝して浮かれるよりも、イチローの不振に代表される不安要素や反省点があった方が、チームが引き締まっていいと思います。

 

次戦の相手は大韓民国に決まりました。

 

日本にとってはスポーツの域を超えて、因縁の相手、比類なき宿敵です。

 

 

昨年の北京五輪の野球競技では、日本は韓国に二度、敗戦を喫しましたが、私はさほど悔しい感情を覚えませんでした。

 

その理由は言わずもがなだとは思いますが、あえて言及すれば、

 

あの首脳陣じゃあ最初から勝ち目はなかったからね~。

 

むしろ、日本に勝って大喜びする韓国の選手、とりわけ、準決勝で日本の最後の打者となった阿部(巨人)のライトライナーを補給した右翼手が、感激のあまりひざまずいてウイニング・ボールを抱え込んだシーンには、清々しさを感じました。

 

韓国とキューバの決勝戦は、韓国を応援しました。

 

宿敵の韓国が金メダルに輝けば、日本の恥がさらに上塗りされると考えたからです。

 

 

 

しかし、明日の韓国戦は、絶対に負けられない戦いです。

 

前回大会は優勝したとはいえ、韓国には1勝2敗。日本は組み合わせと大会規定の妙で優勝が転がり込んできた格好でした。

 

今大会は、韓国との対戦を全て勝利してこそ、「完全優勝」に繋がると言えます。

 

今大会の韓国は、イ・スンヨプ(巨人)やパク・チャンホ(レンジャーズ)らの主力を欠くことから、ベストメンバーではないという見方がありますが、それでも、決して侮ることができない相手です。

 

彼らは、韓国代表のユニホームを着ると、普段以上の力を発揮し、さらに、日の丸を目にすると、目の色を変えて時に信じられないようなプレーを見せます。

 

それは野球に限らず、サッカーやハンドボール、フィギュアスケートでも実証済みです。

 

だからこそ、この強敵を迎え撃つ日本も、なおのこと負けられなくなるのです。

 

 

私個人的には、サムスン電子もヒュンダイ自動車も韓流ドラマも東方神起も嫌いなので、声を大にしてエールを贈ります。

 

 

日本代表よ、テーハミングにだけは絶対に負けるな!

 

そして、決勝の舞台・ロサンゼルスで、胸を張ってミスターを胴上げせよ!!

 

 

私がチゲやキムチを好んで食べることは内緒です。

|

« これがアリストテレスの域。 | トップページ | もちろん、あの人に話しかける勇気なんて最初からなかったんですけどね。 »

コメント

もし、俺が監督なら、イチローは試合に出さない。

投稿: くらも | 2009年3月 7日 (土) 06時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« これがアリストテレスの域。 | トップページ | もちろん、あの人に話しかける勇気なんて最初からなかったんですけどね。 »