« ワールドサッカーオウンゴール 9月号。 | トップページ | ライト兄弟のあるあるシリーズ その2。 »

2009年9月19日 (土)

ちなみにこの試合、イチローは3の1、城島は4の2。

現地時間9月16日の米大リーグ、マリナーズ対ホワイトソックス戦(シアトル)が大変なことになっていました。

 

結果は4対1でマ軍の勝利

 

両軍の本塁打は以下。

 

 

ホ軍 ベッカム12号(ソロ)

マ軍 カープ1号(ソロ)

 

 

競技も国もめちゃくちゃなことになっています!

 

 

ベッカムは得意のフリーキックから本塁打を叩き出し、カープはこの活躍が評価されて、来シーズンはマツダスタヂアムでその勇姿が見られそうです。

|

« ワールドサッカーオウンゴール 9月号。 | トップページ | ライト兄弟のあるあるシリーズ その2。 »

コメント

広島東YO!カープは、今年のCS3位進出を足掛かりに、来季はブラウン監督のスローベース(throw base)野球の集大成として優勝を狙いに来ることでしょう。
広島のスカウト、編成スタッフ陣は優秀なので恐らく悲願の優勝への核弾頭として、マイク・カープ内野手の獲得を今オフの至上命題としているでしょうね。

投稿: bubba18 | 2009年9月20日 (日) 23時54分

広島は3位争いから抜け出すために、今後はブラウン監督が積極的に退場しなければなりませんね。
来季は優勝を目指すには、まだ時期尚早でしょう。カープ内野手にも期待が集まりますが、もっと強力かつ偉大な「レジェンド」(漢)が、3年契約を終えてロサンゼルスから戻ってくる2011年がいよいよ勝負の年になりそうです。

投稿: ライト兄弟 | 2009年9月22日 (火) 02時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワールドサッカーオウンゴール 9月号。 | トップページ | ライト兄弟のあるあるシリーズ その2。 »