« 今日は長暦75年2月20日。 | トップページ | この際、ユッキーの全財産を没収して慈善事業や雇用対策に寄付すればいいのに。 »

2010年2月24日 (水)

This is 教育論。

私は20数年の悲惨な人生を通じて、当然に無慈悲な性格が形成されました。

 

その一例として、「子供が嫌い」という主観が挙げられます。

 

世間では子供の立ち振る舞いは大いに尊重され、その有様は私が犬の糞とすれば、子供はダイヤモンドのように扱われるようなものです。

 

そんなガキどもについて、最近、大いに腹立たしく思う流行が散見されることに気付きました。

 

それは、「靴底にローラーがついたスニーカー」なるものです。

 

これを履くことによって、脚を動かすことなく、身体をほんの少し前に傾けるだけで、アスファルトの上を滑ることができるのです。

 

このローラーのついたスニーカーで闊歩するクソガキどもをみていると、靴底をすり減らしてあちこちを歩き回る営業マンが、不憫に思えてならないのです。

 

私は大学受験の勉強をしていたころ、

 

「横着は最大の悪」

 

という言葉を胸に刻み、参考書と格闘していました。

 

くだらない手抜きは、物事を負のサイクルへと誘うと肝に銘じ、自分に厳しく振舞うのです。

 

(実際にできているかどうかは非常にあやしいものですが)

 

ローラー・スニーカーを愛用するガキは、甚だしく横着を働いているように思います。

 

地面を滑るという、ちょっとした快楽に甘んじて、自分の脚で地面を踏みしめて歩くという、人間なら誰でも当然にやっていることすら疎かにし、ひいては自分に甘い性分と虚弱な足腰が生み出されるのです。

 

こんな愚かな靴は一足残らず回収し、ガキどもには地面を踏みしめて歩くことの厳しさを実感させるため、地下足袋を着用させればよいのです。

 

 

以上、極めて偏屈な教育論でした。

|

« 今日は長暦75年2月20日。 | トップページ | この際、ユッキーの全財産を没収して慈善事業や雇用対策に寄付すればいいのに。 »

コメント

スーパーとか駅のホームでやると危ないよね。マジ迷惑。

投稿: くらも | 2010年2月27日 (土) 03時35分

あんなもの買い与える親なんてバカ親以外の何者でもありません。あの靴やムシキングの商品には高い税金をかけてやるべきです。クソガキはつつましく生きるに限ります。

投稿: ライト兄弟 | 2010年3月16日 (火) 01時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日は長暦75年2月20日。 | トップページ | この際、ユッキーの全財産を没収して慈善事業や雇用対策に寄付すればいいのに。 »