« 原点。 | トップページ | 誉れ高き話。 »

2010年3月23日 (火)

Whight’s Philosophy Vol.1。 

なぜ私がこの「素晴らしい人生の過ごし方。」などというふざけたブログを始めたのか、その動機を、さっき思い出しました。

 

それは、アリストテレスに匹敵すると噂される私の哲学論を、多くの方にご紹介したいという思いがあったからです。

 

そして、これまでに多くのフィロソフィーを提供し、多くの方の人生に指標を示したという自負があります。

 

しかし、まだまだこの世の中には、たくさんの迷える子羊たちが行き場をなくして彷徨っています。

 

それらは全て、私が救うべき人々であります。

 

今後、数回にわたって私が読者から寄せられた質問に答えるコーナーをやります。

 

タイトルは、「Whight’s Philosophy」。

 

どうぞ。

 

 

問 宝くじがさっぱり当たりません。どうすれば当たるようになりますか?

  (鳥取県 ポッキーさん 45歳)

宝くじは私たちに夢を見せてくれます。しかし、現実は甘くはありません。宝くじを買う人たちは自らが搾取されていると知りつつも、虹を掴もうと手を伸ばすのです。

今こそ考え方を改めるときです。

昔々ある人は、「土俵には銭が埋まっている」と言いました。

相撲取りが出世して高給を稼ぐようになるためには、稽古に励む以外に道はないということを意味しています。

そうです、宝くじに費やすお金で、たくさん飲んで食って体重を増やし、角界の門を叩いてください。

そして、土俵に命を捧げ、立派なお相撲さんになってください。

ポッキーさんが将来、強い力士になる姿を、楽しみに待ってます。

 

 

問 うちの蛍光灯が切れました。取り替えたいのですが、お金がないので蛍光灯が買えません。どうやって夜を過ごせばいいですか?

  (島根県 バケツさん 62歳)

あなたの部屋は毎晩、暗闇に包まれるようですね。

それはあなたにとって、ちょうど良い機会なのかもしれません。

あなたは決して備え付けのろうそくや懐中電灯に頼ってはいけません。

その代わりに、窓を開けて月の光で部屋を灯してください。

あなたは一本の筋を見つけることでしょう。

そうすれば、今すぐ服を全て脱ぎ捨てて、月の光の筋に身をゆだねてください。

あなたには救いの手が差し伸ばされ、明るい場所に連れて行ってくれることでしょう。

 

 

問 コカインがやめられません。助けてください。

  (東京都 押尾さん 34歳くらい)

それは困ったものですね。

コカインを使うと快楽が得られますが、おまわりさんに見つかったらブタ箱に入れられるので、ほどほどにしないといけませんよね。

あなたは善きものに触れて、心を洗う必要があるようです。

「世界に一つだけの花」という曲をご存知ですか?

一つ一つの花にはそれぞれ表情があって、同じものはないという、素晴らしい歌詞が、私たちの胸に響きます。

こんなに素晴らしい詞を書く人の気持ちを想像してみてください。

コカインのことなんてすっかり忘れられると思いますよ。

あれは体験談ですから。

 

 

 

続きはまた後日!

|

« 原点。 | トップページ | 誉れ高き話。 »

コメント

ブログ名の副題に「アリストテレスの域には程遠い哲学論を展開!!」って書いておきながら、「アリストテレスに匹敵すると噂される私の哲学論を、多くの方にご紹介したいという思いがあったから」というのは矛盾してませんか?

投稿: くらも | 2010年3月27日 (土) 00時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 原点。 | トップページ | 誉れ高き話。 »