« 「気付き」とは、遅きに失すること。 | トップページ | The choose。 »

2010年3月 7日 (日)

Jリーグの開幕よりMLBの開幕(アナハイム戦)の方が待ち遠しいです。

昨日、日本男子サッカーのプロ・リーグであるJリーグが開幕しました。

 

ワールドカップが開催される年でありながら、ほとんど盛り上がりを見せていないという違和感の原因には、いまだ正式な代表監督を決められず、低迷と迷走を続ける日本代表への嫌気が大きく影響していると思います。

 

岡田暫定監督は意地張って現職にしがみついているようですけど、本大会で  「順当」に惨敗を喫したら、日本男子サッカーを潰した大犯罪者として、今後一切人前に出られなくなると思うんですけどね。

 

岡田はさしずめ、「カリスマ性のかけらもない星野仙一」みたいなものです。

 

指導者としての力量に乏しく、自己保身にばかりいそしんでいる点が共通しています。

 

 

さて、毎年恒例のJリーグ順位予想ですが、面倒くさいので今年はやりません。

簡単なバーヂョンでお届けします。

 

 

J1

優勝

京都……絶対的エース柳沢敦を擁するクラブに、今年は西野泰正が戻ってくる。

 

ACL出場権獲得(2、3位)

セ大阪……長居にいよいよサクラサク年に。播戸がエースに君臨。

仙台……J1のピッチにバーモント平瀬が戻ってくる。エース中島と共に得点を量産する。

 

J2降格

磐田……このクラブはいったいいつまで間違いを繰り返すのか。

平塚……なんかぱっとしない。

鹿島……代表に貢献しない、アジアで勝てないという極度の内弁慶でありながら、国内では敵なし。このクラブが日本サッカーに地盤沈下を巻き起こしている。

 

 

得点王

柳沢敦(京都)……今年こそやってくれるだろう。W杯得点王との二冠。

1478  

 

 

 

 

J2

優勝

富山……目標は「勝ち点105」(35勝1敗)。高卒新人の森泰次郎に期待。

 

J1昇格

札幌……彼らの英断はクラブ史、道史に栄光のページを刻んだ。

775  

 

 

 

 

横浜FC……期待の大黒は開幕早々に戦力外となるも、初めから一切あてにしていなかったので影響はなし。三浦淳宏のプレース・キックが猛威を振るい、代表選手兼監督との二足のわらじで多忙を極めるキングはリーグ得点ランキング2位につける活躍。

 

 

この予想の中の1つでも当たってくれればいいなぁ(J2降格チームは当たりそうな気がしますけど)。

|

« 「気付き」とは、遅きに失すること。 | トップページ | The choose。 »

コメント

ドラゴン・久保がツエーゲン金沢に来ましたよ!

投稿: もっじ | 2010年3月 8日 (月) 21時24分

ドラゴンの補強はJ昇格に向けて大きなプラスですね。ただし注意しないといけないのは、JFLはワールドカップ期間中も試合が行われるため、その間ドラゴン抜きで戦わなければならない点です。

投稿: ライト兄弟 | 2010年3月16日 (火) 01時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「気付き」とは、遅きに失すること。 | トップページ | The choose。 »