« また太陽が昇る日まで。 | トップページ | 金のかかるスポーツほど人々は夢中になる。 »

2011年3月21日 (月)

このご時世に不謹慎な話。

不謹慎な話 その1。

核燃料プール」って泳げるんですかね?

 

もし泳げるなら、日本で一番有名な水泳選手である北島康介選手が、

チャリティーかなにかで泳げばいいのに。

 

 

 

不謹慎な話 その2。

水をかければ放射能の拡散を抑制できるんですよね。

 

だったら、放射能よりも有害な楽天の星野仙一監督がカッカしてたら、

誰か水をかけてあげてください。

Pk2011022302100035_size0

 

 

 

 

 

あと、原子力発電所とは関係ありませんが、

PGAツアーに参戦中のプロゴルファーの石川遼選手。

たぶん、「俺のプレーで日本中を勇気付けたい」って思って試合に出てるんでしょうけど、あえなく予選落ちって……。

 

肝心な時に役に立たない奴。

どんだけ内弁慶なんだよ……。お前は鹿島アントラーズか。

 

「こいつ全然大した事ないけど、日本のツアーでは賞金王なんだって?どんだけ内弁慶な奴だよ」って海外のゴルフファンも思ってますよ。

 

若さを理由に彼を擁護するのは適切ではないような気がします。あれだけ露骨にちやほやされて、本人も調子に乗ってるんですから、結果を出す義務はあると思います。他の日本人選手の誰よりも。

 

 

 

 

以上、私の嫌いなスポーツ関係者にまつわる不謹慎な話でした。

|

« また太陽が昇る日まで。 | トップページ | 金のかかるスポーツほど人々は夢中になる。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« また太陽が昇る日まで。 | トップページ | 金のかかるスポーツほど人々は夢中になる。 »