« 秋深まり、首涼む。 | トップページ | 若者は生き延びていくために必死だから。 »

2011年10月30日 (日)

菅野が若大将の甥なら、亀井は若大将の息子。

Image  

 

 

 

 

先日行われたNPBドラフト会議で、ハムが菅野投手の交渉権を獲得しました。

 

 

この件について、世論は圧倒的にハムの「英断」を支持する声が優勢です。

 

 

でも、ちょっと頭を冷やせば、菅野の交渉権獲得って、必ずしも手放しで喜べることではないと思いますよ。

 

 

まず、ハムファンの心情はどうか。

 

 

「巨人巨人巨人」って希望してた選手が、自分たちの球団に入って、本当にうれしいですか?

 

正直、微妙、あるいは「いらない」っていうのが多くのハムファンの思うところではないでしょうか。

 

人気欲しさに斎藤を指名した球団が、翌年にヒール役を演じるであろう選手を獲りに行く矛盾。

 

 

あるいは、菅野に逃げられる可能性も高まっています。

 

そうなると、貴重なドラフト1位指名枠を棒に振ったことになって、強化の面では他球団に後れを取りますよ。

 

もし菅野が入ってくれたとしても、「心ここにあらず」ってことになって戦力にならないかもしれませんし(それじゃプロとして失格ですけど)。

 

 

ハムって、功労者の高橋信二をあっさり巨人に出して、代わりのポジションでホフパワーとかいう当たらない外人を使うっていう、理解に苦しむ人事をやる球団ですからね。梨田監督の退任を発表するタイミングといい、今シーズン終盤の大失速は、近年の失政のツケがまわったのかもしれません。

栗山を監督に招へいしたことで、暗黒時代突入が現実味を帯びています。

 

 

ドラフトでハムが引いたくじは、実は「貧乏くじ」だったりして。

|

« 秋深まり、首涼む。 | トップページ | 若者は生き延びていくために必死だから。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋深まり、首涼む。 | トップページ | 若者は生き延びていくために必死だから。 »