« 惜しくも11位だったのは「遠距離ポスター」でした。 | トップページ | 今話題の「にしこり」の話。 »

2012年2月 1日 (水)

心の声に従っただけなのか。

AKB48の平嶋夏海が野郎と合コンしていたことがばれて、AKBを解雇されてしまいました。

 

合コンくらいで……べつに接吻とかお泊りとかの現場を押さえられたわけではないのに、とは思いますけどね。

 

恋愛禁止はAKBの「鉄の掟」なので、これを守れなかったことで解雇されるのは致し方なしといったところでしょうが、この決まりによって、年頃のメンバーは多大なストレスを感じていることは想像に難くありません。

 

ちょっとしたガス抜き程度のことなら容認してもいいのではないかと思っています。

 

 

私がこんなことを考えるのは、なっちゃんが私の推しメンの一人だからです。

 

 

なっちゃんはAKBの一期生で、まさにAKBの「生き字引」的存在です。にもかかわらず、前田敦子や小嶋陽菜、板野友美といったメンバーとは異なり、主力の座を手中にしたことは一度もありませんでした。

 

むしろ、干された側のメンバーであり、シングル選抜入りの回数は極めて少なく、チームB発足時にはチームAからの「左遷」も命じられました。

 

古くからのメンバーの大半が脱退した中で、貴重なオリジナル・メンバーであるなっちゃんは、AKBの「良心」として知られていただけに、今回の一件で解雇となったことは、最後まで不遇だったな、と残念に思います。

 

総選挙で20位以内に入るようなメンバーに、野郎との接触が発覚という情報が流れたならば、運営側が全力を挙げてもみ消してなあなあにしたところでしょうが、3年連続26位のなっちゃんでは、運営側は「切る」という決断を下された、といったところでしょうか。

 

 

AKBに関して、こんなにがっかりすることは過去になかったですね……。

|

« 惜しくも11位だったのは「遠距離ポスター」でした。 | トップページ | 今話題の「にしこり」の話。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 惜しくも11位だったのは「遠距離ポスター」でした。 | トップページ | 今話題の「にしこり」の話。 »