« もっと知りたいライト兄弟のこと500。 | トップページ | 私の秘密。 »

2012年3月28日 (水)

日本選手権は長嶋巨人と王ダイエーの激突で決まり!

いよいよ開幕が迫るNPB。

 

毎年恒例の順位予想をどうぞ!

 

 

パシフィック

 

1位 千葉ロッテ

「幕張のグリフィーJr.」こと福浦が老体に鞭を打って首位打者を獲り、里崎は減量に成功して動きにキレが増し、日曜日の試合は「サンデー晋吾」で全勝という圧倒的戦力に加え、シーズン途中には西岡が育成選手として復帰予定。復帰のサブロー、的場にも期待。

 

2位 福岡ダイエー

脱税王・小久保が2000本安打を達成する記念碑的シーズン。松中社長が三冠王を視野に入れ、新垣が甦り、大横綱カズミが念願のポストシーズン初勝利を挙げる。

 

3位 東北楽天

事実上の監督不在2シーズン目は主砲山崎タケシの退団で、得点源は好機における高須の一本と嶋の底力に限定。川井、下柳がローテの谷間を埋める活躍でプレーオフ進出か。

 

4位 西武

絶対的エース西口で20勝を計算できるが、その他のワールドクラスが嶋、阿部、平尾、佐藤くらいでは厳しい戦いを強いられる。

 

5位 オリ

シドニー五輪正捕手の鈴木が奮闘し、後藤、北川の勝負強さも好材料。投げては主戦・木佐貫や沢村賞左腕・井川が奮闘するも、4番がキムチでは世論が反感。

 

6位 ハム

ドラフト1位枠と有望な若者の1年を棒に振ったうえ、無能の指揮官に率いられる球団に成功はありえない。金子誠、稲葉、二岡、中嶋以外に1軍レベルの打者が不在、木田が15勝してもその他の投手が大炎上。斎藤はクラッシュせずにシーズン完走が現実的な目標。

 

 

セントラル

 

1位 巨人

ガッツ、ウルフ、谷、阿部は2013年WBCの主力候補。秀喜が4番三塁で70本塁打、亀井は若大将の寵愛を受け復活するなど、死角はない。

 

2位 カープ

英雄はヤ軍に去ったものの、侍・前田智が4割、石井豚が100盗塁、新人・野村はストライクゾーンの不安が解消されれば18勝できる。

 

3位 中日

山本昌、山崎、和田、谷繁、平井。多士済々の面々が高木守道、権藤博の名伯楽に率いられれば、一切死角はない。

 

4位 ヤクルト

あの脱税事件から14年、「守備の人」宮本がついに名球会へ。

 

5位 ベイ

番長と中村ノリが睨みを利かせて最下位脱出。

 

6位 虎

桧山の4番起用が唯一の打開策。

 

 

まあ、こんなもんでしょう。

|

« もっと知りたいライト兄弟のこと500。 | トップページ | 私の秘密。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もっと知りたいライト兄弟のこと500。 | トップページ | 私の秘密。 »