« テヘ・ブルーハーツの「青空」が頭の中で流れています。 | トップページ | 今こそ長嶋ジャパンを。 »

2016年1月10日 (日)

私のあばら家に足を踏み入れた瞬間に漂うのは、度重なる放屁により蓄積された糞臭……。

近年の地球環境破壊防止への機運の高まりを受けて、

 

再生可能エネルギーへの関心が高まっています。

 

 

太陽光、水力、風力、地熱……

 

環境への負荷がほとんどない、これらのエネルギーを、

 

量産、安定供給に堪え得るだけの社会基盤が整備されれば、

 

環境破壊の抑止には、非常に効果的であるとされています。

 

 

 

ところで、私は頻繁に、激しく放屁することがあります。

 

 

どうにも止まらない具合に、尻が緩み、

 

おならを繰り返すような体調に陥っています。

 

 

 

ブオォォォォ

 

と、爆音を響かせた後に、私はふと思索にふけるのです。

 

 

 

このおならの無駄なエネルギーを、発電に生かすことができれば、

 

少しは世間の役に立つのに、と。

 

 

 

放屁発電所。

 

 

不安定供給かつ、微弱なエネルギーしか発しませんが、

 

私の迷惑極まりない放屁を、何らかの形で役立てることができれば、

 

絶命して地獄に送られる可能性が低くなるのかな、と思います。

|

« テヘ・ブルーハーツの「青空」が頭の中で流れています。 | トップページ | 今こそ長嶋ジャパンを。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« テヘ・ブルーハーツの「青空」が頭の中で流れています。 | トップページ | 今こそ長嶋ジャパンを。 »