« ゴジラの55から、大道の後継者へ。 | トップページ

2016年11月 3日 (木)

残す「降格皆無」のオリジナル10は、鹿島と、横浜マリノス、フリューゲルスの3球団だけですね。

最近のスポーツ界の話題を取り上げる三部作の第三弾です。

 

 

日本プロサッカー、Jリーグの発足クラブ「オリジナル10」として、

 

栄えある地位と実績を築いてきた、

 

名古屋グランパスエイトが、あえなく、

 

クラブ史上初のJ2降格の憂き目に遭いました。

 

 

 

 

平成20-21年シーズン、

 

イングランドのプレミアリーグにおいて、

 

グランパス以上の名門球団であるニューカッスル・ユナイテッドが、

 

今年のグランパス同様、二部降格の危機に直面していました。

 

 

残留を期して、ニューカッスルが選んだ奥の手は、

 

監督経験がなかった、英雄、アラン・シアラーに、

 

指揮を委ねるという選択でした。

 

 

この球団史上最高のストライカーに率いられたニューカッスルは、

 

しかし、シアラーの威光をもってしても、凋落を食い止めることはできず、

 

二部降格と相成りました。

 

 

 

そして、今年の名古屋。

 

 

Jリーグ史上に残るであろう小倉の迷采配により、

 

低迷を極めたクラブが、小倉の追放と同時に抜いた切り札は、

 

田中マルクス闘莉王の復帰でした。

 

 

 

母国ブラジルで悠悠自適の日々を過ごしていた闘将は、

 

愛するクラブの危機を救うべく、復帰の要請に二つ返事で応え、

 

再びJリーグのピッチに舞い降りました。

 

 

闘莉王が最終ラインに戻ってきたことで、

 

チームの士気は上がりましたが、

 

崩壊していた守備組織を立て直すまでには至らず、

 

健闘空しくグランパスは球団史上初のJ2へと戦いの舞台を移すことになりました。

 

 

 

ニューカッスルが困難に陥った際のシアラーの招聘と、 

 

グランパスが混迷を極めた際の闘莉王の加入。

 

 

この二つの出来事は、国は異なりますが、

 

背景も、結末も、驚くほどよく似ていると思います。

 

 

ついでに、この二人の髪型も……。

 

 

 

(結局、それが言いたかっただけです)

|

« ゴジラの55から、大道の後継者へ。 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴジラの55から、大道の後継者へ。 | トップページ