2016年5月 4日 (水)

それでも私にとっての世界最強リーグはセリエAです。

男子サッカー日本代表のFW岡崎慎司が所属する、

 

 

イングランド男子サッカーのプレミア・リーグのレスター・シティが、

 

 

「奇跡」とも称されるリーグ優勝を成し遂げました。

 

 

 

 

イングランドは、世界で最も多くのお金が動くリーグとされ、

 

 

経済力の多寡が、そのまま成績に直結する傾向が顕著にみられていました。

 

 

(チェルシーやマンチェスター・シティが、現オーナーとなってから競争力を高めた例に明らかです)

 

 

 

 

 

そうした状況の中で、高年俸の選手も、名の通った選手もいないレスターの優勝は、

 

 

まさに、「現代のおとぎ話」として、喝采を浴びて然るべき快挙と言えるでしょう。

 

 

 

 

話は変わりますが、私が高校を卒業した後、大学に入る前の春休み、

 

 

時間を持て余していた私は、地元の図書館に通って、新聞やら雑誌やらを読んでいました。

 

 

ある日、漫画が置いてある箇所に足を運ぶと、とても興味深いタイトルが目に入りました。

 

 

「ビバ!カルチョ」と題された漫画を手に取ると、

 

 

90年代初頭から中ごろにかけてのイタリアサッカー・セリエAを舞台にした熱戦が繰り広げられていました。

 

 

 

 

この漫画では、クラブ名も、選手名も、全て実名で登場しており、

 

 

絵柄は迫力に富み、イタリア・サッカーの事情や史実、特徴を忠実に取り入れられていました。

 

 

試合の展開も、物語の流れも、少年誌に掲載された漫画としては、

 

 

極めて高い完成度を誇っていたと思います(宣伝しているわけではありませんが)。

 

 

 

 

 

この「ビバ・カルチョ」に登場するクラブや選手を羅列するだけで、興奮を覚えます。

 

 

(選手につけた愛称の一部は、私の独断と偏見です。フヂテレビのバレーボール中継並みのセンスで申し訳ありません)

 

 

パルマ……「コロンビアの暴れん坊」アスプリージャ、「マジック・ボックス」ゾラ

 

 

ラツィオ……「得点王レフティー」シニョーリ

 

 

インテル……「鉄壁男」パリュウカ、「飛行機恐怖症男」ベルカンプ

 

 

ユヴェントス……「ミスター・アクロバティック」ヴィアッリ、「ドイツの本田泰人」コーラー、「天才司令塔」パウロ・ソウザ、「ピントゥリッキオ」デル・ピエロ

 

 

ミラン……「オランダ・トリオ」フリット、ライカールト、ファン・バステン、「ザ・リベロ」バレージ、「リベリアの怪人」ウェア、「ジュニオ」サヴィチェヴィッチ、「ファンタジスタ」ロベルト・バッジョ

 

 

 

 

これだけの面々が登場するとあれば、90年代のイタリア・サッカーを知る方なら、

 

 

見逃す手はないと言ってよいでしょう。

 

 

 

 

物語のシーズン中に、デル・ピエロの台頭によってR・バッジョがミランに移籍するという設定も、

 

 

そう来たか!まさにその通り!と膝を打つような配慮です。

 

 

 

 

(スーパースターの競演だけでもお腹がいっぱいになりますが)

 

 

この漫画のあらすじは、の主人公である椎名曜が、

 

 

古都フィレンツェを本拠地とする名門球団・フィオレンティーナに入団し、

 

 

「性格以外は世界最高の司令塔」エッフェンベルグ、「師子王」バティストゥータ、「史上最高の馬面」ルイ・コスタといった優秀な手下たちとともに、

 

 

ミランやユヴェントスといった強豪と、スクデットを争うという話です。

 

 

 

 

主人公・椎名が所属するヴィオラ(フィオレンティーナの愛称)を率いるのは、

 

 

クラウディオ・ラニエリ監督。

 

 

椎名が途中入団で所属した一年目のシーズンは、最終節で残留を決めるという、

 

 

苦しい戦いを強いられましたが、二年目、ラニエリ監督の下、

 

 

最終節で最強を誇ったミランを破り、スクデットを獲得しました。

 

 

 

 

 

 

ラニエリ監督に率いられたクラブが、日本人選手とともに、世界最高峰のリーグを制する……。

 

 

 

そう、今季のレスターは、まざに、「ビバ・カルチョ」の物語を現実にしたのです。

 

 

 

 

もちろん、岡崎は椎名のように華麗なプレーをする選手ではありませんが、

 

 

レスターの快進撃は、その背景が漫画よりも劇的で、胸を熱くしました。

 

 

 

 

エースのヴァーディーの半生は、映画化されるとも聞いています。

 

 

 

 

「現代のおとぎ話」といってよいレスターの快挙……。

 

 

 

「松井秀喜のワールドシリーズMVP」以来の、出来すぎた筋書きだと思いました。

| | コメント (0)

2014年6月13日 (金)

デル・ピエロが出る気配はありませんね。

日本代表監督ザッケローニ氏の母国であり、世界的な強豪国でもあるイタリアは、伝統的に堅い守備を持ち味とすることで有名ですが、もう一つ、若手選手の抜擢に消極的で、経験豊富なベテラン選手を重要視する傾向にあることでも知られています。

ブラジル大会に臨む面々にも、ピルロ、デ・ロッシ、バルザーリ、賭博王ブッフォン、永遠の悪童カッサーノといった30歳代の選手が主力に名を連ねています。

イタリアが若手よりベテランを重用する理由は、明白です。

若気のイタリー っていいますからね。

| | コメント (0)

2013年10月11日 (金)

カルチョ2013。

セリエBのパレルモがジェンナーロ・イヴァン・「リンギオ」・ガットゥーゾ監督を解任……。

 

イングランド・プレミア・リーグのサンダーランドがパオロ・「ムッソリーニ」・ディ・カーニオ監督を解任……。

 

くそつまらない。

 

 

Jリーグの名古屋グランパスエイトがドラガン・「ピクシー」・ストイコヴィッチ監督を解任……。

 

 

 

みんなまとめてカターレに来い!

 

現役選手で。

| | コメント (0)

2010年5月26日 (水)

ワールドサッカーオウンゴール UEFAチャンピオンズ・リーグ決勝速報号。

平成22年5月22日にマドリードで行われた平成21-22シーズンの欧州サッカー・チャンピオンズ・リーグの決勝戦は、イタリアのインテル・ミラノがバイエルン・ミュンヘンを下し、実に45年ぶりの欧州制覇を成し遂げました。

2010052300000010spnavisoccview000  

 

 

 

 

私はこの結果を非常に喜ばしく思っています。

 

正直に言って、インテルというクラブは嫌いです。

「インターナショナル」というクラブ名を掲げるだけに、国際派をコンセプトにするチームであるということは理解できますが、イタリア人がほぼ皆無のクラブがイタリア・サッカーで最強の称号をほしいままにしていることは、苦々しいことこの上ありません。

 

しかし、曲りなりにもインテルはイタリアを代表するクラブとして欧州の舞台に出ており、バイエルンと戦った今回の決勝戦は、ドイツに猛追されているUEFAランキング・ポイント3位の座=CL4枠の死守がかかり、イタリアサッカーの今後を左右する極めて重要な一戦でした。

イタリア国民にとってインテルの勝利がどれほど悲願だったかといえば、インテルの宿敵であるミランのベルルスコーニ会長兼伊首相が、「(カルチョの未来のために)インテルの勝利を願っている」と公言するほどでした。

 

というわけで、でかしたインテル!

 

というわけで、インテル優勝記念!インテルの選手でダジャレ9連発!!

 

 

インテルが歓喜の欧州制覇!キヴの気分も上々!

Chivu  

 

 

 

 

 

マドリーの地からインテリスタのもとに、最高のニュースがマイコンだ。

2010052400000004spnavisoccview000  

 

 

 

 

 

ラツィオからやって来たゴラン・パンデフは実に優れた選手です。

ぜひ一度、彼のプレーをご覧なさい。

Goranpandev  

 

 

 

中盤でスナイデルがボールをうまくつないでる。

Wesleysneijder1 

 

 

 

試合前に、控えゴール・キーパーのトルドが気勢を上げました。

「俺たちがビッグ・イヤーを獲るどー!」

Toldo_nazionale_2000  

 

 

 

世界屈指ディフェンダーであるブラジル代表のルシオは、このビッグ・タイトル獲得にも決して浮かれることなく、次の成功を虎視眈々と狙っています。

そう、ルシオは決してルシオ(後ろ)を振り返らない。

Luciotoni11627992qftemplateidrender  

 

 

 

「このビッグ・イヤーは、インテルにとって実に重みのあるタイトルだよね」

「どのくらい重いの?具体的な数字で表してよ」

「そうだな……サントン(3t)くらいだね」

Davide_santon5  

 

 

 

 

せっかく今までの長いシーズン、レギュラー格としてがんばってきたのに、

晴れの決勝の舞台に出られないなんて……モッタいないよ。

Genoa_juve_thiago_motta_esultanza 

 

 

 

エトー智(元カープ、現巨人軍育成コーチ)

200908_etoo_inter  

 

 

 

番外編

おいら、酒の飲みすぎでもうベロンベロンだよ。

ファン・セバスティアン・ベロンベロンだよ。

B8e24_32378  

 

 

 

 

 

来るワールド・カップでのアルゼンチン代表のベロンのプレーが超楽しみですね。

| | コメント (0)

2010年4月 2日 (金)

内藤が王座から陥落し、松坂が往時の球威を失った今、もはや高橋こそが「日本ナンバー・ワン・ダイスケ」の称号を手中にした感があります。

先日、イタリアのトリノで行われたフィギュアスケート世界選手権の男子シングル競技において、日本代表の高橋大輔が金メダル獲得の快挙を達成しました。

 

2010032600000005reu_kspoview000  

 

 

 

ヴァンクーヴァー五輪の大舞台で銅メダルに輝いた23歳にとって、五輪金のライサチェック、銀のプルシェンコ両選手が欠場した大会で優勝することは、ある意味では当然と言えるかもしれません。

しかし、高橋は優勝にとどまらず、今季世界最高の257.70点(SP、フリー合計)を記録したことにより、文字通り「世界」を制したと宣言して良いパフォーマンスだったといえると思います。

 

観るものの感動を誘ったのは、フリーの演技。

 

「道」という曲目は、道化師の生涯を描いたプログラムです。

 

出だしで印象的な寝起きのような仕草を見せ、クライマックスは「世界最高峰」と謳われる華麗なステップで魅せます。

 

高橋のダンスは、彼に「氷上のファンタジスタ」との称号を付けたくなるような極上の代物です。

 

 

おや……?

 

トリノが舞台で……。

 

道化師(ピエロ)を……。

 

ファンタジスタのごとく演じる……。

 

 

 

そうか!!

 

高橋大輔の演技には、極めて重要なメッセージが込められていたのか!!

 

それまつまり……

 

 

20060705_1857_450  

 

 

 

デル・ピエロよ、君も再び世界の舞台に立て!!

 

という意図があったのです!

 

 

トリノといえば「老貴婦人」ユヴェントスの街。

ピエロといえばアレックス。

ファンタジスタといえばピントゥリッキオ。

 

 

高橋はどうしても、自身と同様に、デル・ピエロが世界王者を極めることを願ってやまないようです。

 

そして、どういうわけか最近は代表と疎遠になっているアレックスに、もう一度アッズーリのユニホームを身にまとってほしかったようです。

 

 

ドイツでの戴冠から4年。すっかり力が衰えたアッズーリの面々において、アレだけは依然として華麗な舞を披露し続けています。

 

高橋の渾身の演技は、デル・ピエロに奮起を促しているのです。

Pro_10990_alessandrodelpierojuv  

「俺もいっちょ南アフリカで華麗なステップを刻んでやっかな」

 

 

 

 

というわけで、ワールドカップ南アフリカ大会決勝の舞台、ヨハネスブルクのサッカー・シティのピッチの上、ペナルティエリア付近の左45度から眩い光が放たれることでしょう。

| | コメント (0)

2009年2月17日 (火)

どうでもいい話。

もし角界にイタリア人力士が入門したら、

 

 

しこ名は軽著(かるちょ)になるでしょう。

 

 

マテラッツィかヴィエリあたり、相撲強そうですよね。

 

あ、でもマテラッツィはドイツでジダンに土をつけられたんだっけ。

2006071004579593jijpspoview001

| | コメント (2)

2008年12月10日 (水)

ガットゥーゾが右膝じん帯損傷で今季絶望……同時にミランのスクデット奪回とアッズーリのW杯予選突破も絶望的です。

今日のヨーロッパ・サッカーシーンにおいて、

今、最も眼ヂカラがある選手といえば、

 

イタリア、セリエAのカターニャに所属する、

 

ジュゼッペ・マスカラ選手(Giuseppe Mascara、29歳)ですね。

 

Lmascarasr2lm4 どうでしょう。

マスカラという名前だけあって、かなりの眼ヂカラです。

 

プロヴィンチャ(中小クラブ)のカターニャを、ここまで14試合出場で7得点という活躍で、9位と健闘するチームを中心選手として力強く牽引するこのファンタジスタのプレーと眼ヂカラに、欧州サッカーのファンの方たちは、ぜひ、注目してみてください。

| | コメント (2)

2008年6月 5日 (木)

EURO2008のピッチにて。

Cassano 02  

 

 

 

 

どっちが先にうんこを出せるかな??

| | コメント (2)

2008年5月11日 (日)

EUROでどこが優勝しようと、バロンドールは柳沢のものですね。

いよいよ開幕が間近に迫ったサッカーの欧州選手権。

私はマルディーニ、ヴィエリ、トッティ、カッサーノらを擁するアッズーリ(イタリア代表の愛称)の優勝を予想しています。

もしイタリアがおととしのドイツW杯に続いてビッグタイトルを獲得したら、こんなことが起こるだろうという妄想をしてみました。

 

EURO2008決勝戦、イタリアは因縁のレ・ブル-(フランス代表の愛称)を相手に、ガットゥーゾのハットトリックで勝利を収め、ウィーンの地で歓喜に沸き立ちました。

Delpiero2_gallery__470x319お祭り騒ぎをするイタリア代表イレブンの中で、一人、アレッサンドロ・デル・ピエロが奇妙な行動に出ました。

ふらふらとペナルティエリア付近、ゴールマウスから左45度の場所に足を運んだかと思うと、あろうことか、失禁してしまいました。

その様子を見たパンツ一丁の姿のカットゥーゾは、「何やってんだアレックス、どうしたんだい?」と問いかけました。

ユヴェントスの象徴、デル・ピエロはこう答えました。

「ああ、ちょっと喜びすぎちゃったな。思わずもらしちゃったよ。

そう、おしっこがデル・ピエロってことさ」

 

それ以来、ゴール手前、左45度の位置は「デル・ピエロ・ゾーン」と呼ばれるようになりました。

 

 

こんなことが起こればいいのになあ、と思っています。

| | コメント (2)

2008年1月 6日 (日)

うなり声を上げながらこの詩を書きました。

新年あけましておめでとうございます。

 

正月とは一切関係ありませんが、詩を書きました。

読んでください。

 

タイトルは……「リンギオ」

 

 

枯れ果てた黄緑の芝生の上を

今日も俺は縦横無尽に走り続ける 力尽きるまで

大切な仲間を守るために

飽くなきファイティング・スピリットとひとかけらの知性を胸に

俺は吠える 魂を焦がす

俺には立派な仕事などできやしない

創造する者を破壊するだけ

泥臭く、汗臭く そうやって生きることしかできない

だけど俺はいつでもここにいるぞと胸を張れる

ほとばしる情熱とでかいステージの刺激を求め続け

今 奮い立つ時 狂気の本性が顔を出す

真実の俺は闘犬のよう

人から笑われることなど気にならない

ところ構わず駆け回り 片っ端から獲物を刈り取ってやる

スマートなやり方はできやしないが

俺が赤の誇りを高みに導く

俺はジェンナーロ・イヴァン・ガットゥーゾ

20071120_img

| | コメント (0)

より以前の記事一覧